友林の呟き

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも前を向いて

<<   作成日時 : 2011/04/12 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あの悲劇からひと月がたちました。
いまだ解決の見通しさえ立たない原発ももちろんですが、余震とも思えないほどの大きな地震やら活性化している火山やら、自然の脅威の前にこれからどうなっていくのだろうと心配が尽きません。
17年前の阪神淡路大震災のときにはそろそろ復興の道筋が見えてきたころなのになあ、と比べてみるだけで被害の甚大さに背筋が寒くなってきます。
それにしても今回の原発事故で人類がいかに危ない綱渡りをしているのか身にしみます。電源が落ちてしまえば全くコントロールできない怪物を、まるで人に服従した犬のように扱って、なんの危険もないと目をそらしていたつけを払わされている。
そろそろ目を覚まして、人として歩む方向を変えていくことも必要なのだと思います。
この震災を機に人類全体の道しるべとなるような新発想が生まれてきてくれることを期待したいです。

ちなみに、
携帯電話会社さんに提案。
ぜひ取り外しできる太陽光発電機付きの携帯電話を開発してください。またGPSなみの衛星電話回線システムの一般実用化を強く希望します。(安くね)
電機製造会社さんにもお願いです。各家庭に太陽光発電のシステムを義務化できるくらい安く提供できるような技術開発を早急にしてください。(検討したけど、もろもろ300万円もかかればそう簡単に手がでませんです。せめて安い小型車なみに100万きって欲しいなあ。。。)
そんでもって電力会社さん。複数の代替エネルギーの開発を早急にしてください。電力の需要と供給バランスの円グラフ見ているとこの調子で節電すれば原発なくても代わりのエネルギーがあとちょっとあれば計画停電しなくても済むような。風力、太陽光、地熱、潮汐などなどいくつもある自然エネルギーを使わないなんてもったいないです。
原発は、もうこりごりです。
なんて、ことをつらつら考えるこの頃でした。・・・ま、前向き・・・?

さて、話はかわって新年度が始まりました。今年のお仕事は去年に引き続きなものなので気が楽です。もっとも新しく同僚になった先輩がもうすでに限界近い顔しているのがとっても気がかりです。倒れられたら仕事回りません。ちょっとは負担肩代わりしなくちゃいけないかな〜

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも前を向いて 友林の呟き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる